闇金からお金を借りた人は被害者?

闇金からお金を借りた人は被害者?

闇金からお金を借りた人は被害者?

 

闇金金融は犯罪行為

 

闇金は法を無視した違法営業をしているため、深夜まで取り立てをしたり、自宅や職場、本人だけでなく家族の所まで取り立てがやってきたりします。

 

 

 

そうすると、精神的に大変なストレスを感じることになりますし、近所や職場などに闇金から借りている事実がばれてしまい、それまでのように社会生活を送ることが難しくなってしまうかもしれません。

 

 

 

それに、家族全員が大きなストレスにさらされることによって家庭に亀裂が入り、離婚や一家離散という事態にもなりかねません。こうした最悪の状況を考えれば、闇金から借りることは絶対に避けたほうが良いということが分かります。

 

 

しかし、どうしてもお金が必要な時にはそうしたことを考えずに気軽に借りてしまったリ、借りた後から闇金だと気づくケースはあります。

 

 

 

闇金から借りるという行為が決して正しいわけではありませんが、もともと違法営業をしている闇金から借りた場合には、借りた側が被害者になるということは知っておきましょう。

 

 

 

そして、警察に被害届などを提出して法的な措置を求めれば、解決することはできるのです。1人で悩まないことが、闇金トラブルを解決する際には必要なことと言えるでしょう。

 

警察による被害者支援ホームページ

 

警察庁犯罪被害者支援室では、ホームページを開設して、闇金トラブルをはじめあらゆる犯罪の被害にあった人が相談しやすいシステムを提供しています。

 

 

 

公式ページには、各都道府県の相談窓口が紹介されていて、24時間体制で市民をサポートしています。

 

 

 

借金の取り立てに苦しんでいる人にとっては、そうした窓口に相談するだけでも心強いですし、適切なアドバイスを受けることができることは、大きなメリットと言えるでしょう。

 

 

 

また、闇金業者からお金を借りて恐怖の取り立てを受けているということは、刑事事件の被害者という立場になります。

 

闇金からお金を借りた人は被害者?

 

そのため、被害届を出したり刑事告訴という方法も視野に入れることによって、より法律に則った正しい解決策を見つけることができるでしょう。

 

 

 

警察による被害者支援ホームページでは、もしも刑事事件として闇金を告訴したい場合には、その手続き方法や、どんな流れで手続きが進められていくのかという点を説明しています。

 

 

 

大まかな流れを知るだけでも安心できますし、実際に告訴するかどうかという点は、弁護士に相談した上で決めることもできますね。

 

 

 

このホームページを読んで問題解決ができるわけではありませんが、情報収集することによって、問題を解決しようという意欲がわいてくるはずです。