闇金相談するために必要な情報

闇金相談するために必要な情報

闇金相談するために必要な情報

 

1:闇金相談にはいろいろと情報が必要に

 

ヤミ金専門家へ闇金相談をする場合、「闇金からお金を借りて困っています。どうにかして下さい」とただ相談すればいい、というわけではありません。

 

 

 

いくら専門家でも「闇金からお金を借りている」という情報だけでは、どこの闇金業者なのかわかりませんし、いくら借りているのかもわからなければ対処のしようがありません。

 

 

 

とはいうものの、闇金は明確な事務所を構えていないケースもありますし、契約書をもっている方も少ないです(闇金側は持っていますが)。

 

 

 

ましてや一般の金融機関からお金を借りた時のように、返済予定表もないでしょう。結局いくら支払えば完済になるのかも明確ではありません。

 

 

 

ただ、そんな情報が少ない闇金であろうとも、返済が遅れれば督促の電話がかかってきます。おそらく非通知ではかけてこないはずですから、電話番号は知っているでしょう。最低限これだけはしっかりと情報として残しておいてください。

 

闇金相談するために必要な情報

 

闇金側の銀行口座も分かれば更にいいですし、だいたいでも構わないのでいくら借りて、これまでいくら払ってきているのかも提示できるようにしておきましょう。

 

 

 

また、わかるのであれば金利はいくらと言われているのか、返済が遅れた時にどのようなことを電話口で言われたかも記録として残しておくといいです。

 

 

 

闇金の仕業かと思われる嫌がらせ(無言電話や何枚ものFAX、自宅への貼り紙、大量の出前など)があったら、それも忘れずに伝えられるようにしましょう。

 

2:専門家でも情報が少ないと交渉が難しいことも

 

ヤミ金専門家に相談したからといって必ずしも解決できるとは限りません。あくまですべて専門家と闇金との交渉にかかっています。情報が少ないと闇金側に言い負かされることもゼロではありません。

 

 

 

たとえば、闇金から電話がかかってきたといっても、数回程度の履歴しか残っていない、利息もいくらかわからない、という状況では「ウチは消費者金融として登録していて法律にのっとって融資しています」といわれてしまえばそれまでです。

 

 

 

つまり違法業者としての決定打に欠けてしまうのです。「電話で脅迫された」としても証拠がなければ水かけ論になってしまいます。

 

 

 

当然、闇金側でもプロの専門家に依頼された場合の対処法を考えていますから、情報が少ないと強気に出てくることでしょう。

 

 

 

闇金問題をしっかり解決するためにも、通話記録を録音しておいたり、いろいろと情報をとった上で相談するのがベストです。

 

 

 

ただ、それがないからダメというわけではありませんので、情報がない場合でも気兼ねなく相談してみましょう。そこから情報収集するという手もあります。