法テラスの立て替え金制度とは

法テラスの立て替え金制度とは

法テラスの立て替え金制度とは

 

まとまった資金がなくても相談できる窓口

 

日本司法支援センターの法テラスでは、闇金トラブルを抱えた人の相談も多く寄せられています。

 

 

 

闇金からお金を借りてしまう人の多くは、返済能力がないのに借りてしまい、返済できずに恐怖の取り立てを受けている人が多く、すでに複数社から借りている多重債務者ということも珍しくありません。

 

 

 

そのため、弁護士に相談したくても、金銭的に全く余裕がないために相談できないでいる人は多いのではないでしょうか。法テラスでは、そうした闇金トラブルの被害者をサポートするために、立て替え金制度が完備されています。

 

 

 

この立て替え金制度を利用すると、弁護士費用が今すぐに準備できない人でも、弁護士にトラブル解決を依頼することができるようになり、かかる弁護士費用はまず法テラスが立て替えて弁護士へ支払い、相談者は法テラスへ毎月少しずつ返済することになります。

 

法テラスに返済できない場合にはどうする?

 

弁護士事務所の中には、良心的な分割払いに対応してくれる所がありますが、すべての事務所で分割払いが通用するわけではありません。現金およびクレジットカードなどでの一括払いしか受け付けていない弁護士事務所もあります。

 

 

 

そうすると、相談したくても費用面で難しくなってしまいますよね。法テラスの場合には、弁護士に法テラスが立て替えをしてくれるので、利用者は法テラスに対して毎月少しずつ返済することになります。

 

 

 

支払い方法は基本的には銀行口座からの引き落としとなります。あらかじめ、毎月どのぐらいの返済ならできるのかという点も含めて相談できるので、安心してくださいね。

 

法テラスの立て替え金制度とは

 

もしも法テラスを利用して闇金トラブルを解決できたのに、法テラスに対しての支払いが出来ない場合には、どうなるのでしょうか?法テラスはクリーンな司法支援サービスなので、違法な取り立てなどは行いません。

 

 

 

もしも返済できない場合には、まずは電話があり、コンビニで振り込めるような振込用紙とともに督促状を送られてくることになります。

 

 

 

督促状を受け取っても返済できない場合には、裁判所に法テラスが申し立てをして、支払い督促調停を行うことになりますが、こうなると財産を差し押さえられたりして日常生活に大きな支障が出てしまうので、できるだけ避けたいものです。

 

 

 

そうならないためには、法テラスに相談する時点で、現在の経済状況なども含めて費用面の相談もしておくのが安心ではないでしょうか。